WillWill Station

MENU

最強のD.I.YバンドNOISEMAKER(ノイズメーカー)最新アルバム H.U.E (ヒュー)レビュー。

f:id:loud-w:20200702173336j:plain

2020/7/1 NOISEMAKER(ノイズメーカー)から新作アルバムH.U.E出ましたー!!

歌詞、和訳を読み取り僕なりのレビューをしました。曲もアートも何から何まで最高な楽しめるアルバムです。

 

 

▼オフィシャルサイトはこちら

NOISEMAKER OFFICIAL SITE

▼CD購入はこちら

初回限定版(3,300円)

通常盤(2,200円)

 

まずは先日6/24に『Better Days』のMVが公開されました!

まだ見ていない方はこちら

www.youtube.com

 

Better Days "この日々は良くなっていく"

ちょうど今にあったタイトルですね。

 

ちなみに元々の曲名は 「That's Why I'm Living」和訳:それが私の生きてる理由

というタイトルでした。が。Vo.AGさんが、リリース情報解禁後にまた環境が変わり色々な感情、言葉が湧いてきたそうで、リリックを書き換え、タイトルまで変えたそうです。暴挙ですね。笑

 

NOISEMAKERはいつも新しい音、刺激をくれるようなイメージを僕は持っています。

今回のアルバムもやはり新しい音や刺激をくれました。まずD.I.Yバンドって何!?って感じですよね。笑

毎回色々な細工をしてくれてとても楽しいです。

音楽とアート。ここの関係性をいつも教えてくれます。

 

今回のアルバムでは特設サイトができています。リンク貼ったら本文説明が2019年のものになっていますが、気にしない。という訳で先ほど紹介したMVの楽器達が当たるというキャンペーンや、限定15枚サイン入りジャケット別色校正が当たったりという企画があります。

CDに封入されているカラーシートを通してNOISEMAKER応援店で、それぞれ配布される「カラーフライヤー」を見るとある数字が浮かび出る仕組みになっているそうで、「H.U.E.」の3色(Red、Blue、Yellow)にまつわるといった内容になっております!スタンプラリーのような感じですね。

vap.co.jp

 

 

H.U.E(ヒュー)ってどういう意味?

色相(しきそう、英: hue[1])は、赤、オレンジ、黄、緑、青、紫といった色の様相の相違である。特定の波長が際立っていることによる変化であり、際立った波長の範囲によって、定性的に記述できる。ただし、常に同じ波長が同じ色に見える訳ではない。赤から、オレンジ、黄、緑、青を経て、菫(紫)までは、スペクトル上の色であると言える。
彩度、明度と併せて、色の三属性と言う[2]。色から彩度と明度または輝度の要素を取り除いた残りであるということもできる。
英語ではhue (ヒュー) であり、Hやhで略記される。

引用:色相 - Wikipedia

 

f:id:loud-w:20200701010950j:plain

[ HUE / 360 ] The Color Scheme Application

なんかこんな感じです。笑

f:id:loud-w:20200702155407j:plain

こちらのジャケットはVo. AGさん書き下ろしのアートワークとなっています。初回盤に封入予定のオリジナルカラーシートで覗くと、色別できる仕様に!

この辺のシートとかかざした結果とかも書きたいけどネタバレになってしまうので書かないし写真も載せません!ぜひ楽しんでいただきたい。
表紙だけではなく、ブックレット、歌詞カード等いたるところに仕掛けがありました。
「色別」が今回の作品全体の大事なポイント!だそうです!

 

f:id:loud-w:20200702155701j:plain

では早速聴いていきましょう!

一曲一曲レビュー

1. Spineless Black

Spineless Black。直訳はトゲのない黒。かな。

歌詞カードには"自信を無くした黒"と書かれていました。

Too many colors only mix to black(多すぎる色は黒に変えてしまう。)

keep it real, real, real saturated(ただありのまま色を濃くしていく。)

yout colors fade into a spineless black(その色が自信を失った黒へえと消えぬ様に)

「自分の個性は特別で。他の人の意見などに流されるな」というメッセージですね。

「ありのままの自分で。そのまま行けと。その色が自信を無くした黒」とならないように。

と言う解釈を僕はしました。H.U.Eにぴったりのメッセージ性ある一曲ですね。

これまたNOISEMAKERらしいサウンドだと思います。この曲は先行配信していたので一足先に購入しチェックしていましたが、聴いた瞬間他のどのバンドとも被るはずのない「NOISEMAKERだー」ってなりました。笑 


2. Better Days

こちらは冒頭で説明した曲になりますね。MVには歌詞も載っているのでそちらもぜひ読みながら聴いていただきたい曲です。リズム隊に注目して聴くのもかなり面白い一曲です。BASS気持ちいいです。2番AメロのBASS,DRUMとか個人的にはドツボです。

全体的に爽やかで広がりがあって最高です。そう、NOISEMEKERは音が広い。広大です。ROAR収録曲HOMEを聴いてからその様な印象を持つ様になりました。
ぜひ広々した外で聴きたいですね。そして後半のミュージカル感。踊り出したくなりますね。テンションあがります。ライブが楽しみです!
一応ライブも延期になりつつもまだ公演予定もあるのでぜひ公式サイトからチェックしてみてください。僕もチケット応募しましたー!


3. THE ONE

これまたライブが楽しそうな一曲ですね!ライブが想像できました。ギターソロも胸熱ポイントですね。NOISEMAKERらしい90年代の様なサウンドが心地よい。グランジの様な乾いたギターの音に重たい感じに。たまらんですね。

I'm the one! 「俺が唯一の存在!」 俺は倒されないし止まらないぜ。強いぜ。って言う熱い意志が感じられる歌詞です。


4. MAJOR-MINOR

こちらはSIngleとして出ていたのですでにチェック済みですb

イントロのリフがかなり印象的です。サビ中でも繰り返し使われていてクセになります。

MVもあるので観てない方はぜひ!字幕オンで和訳見れるので一緒にどぞ!

www.youtube.com

"きっと誰もがメジャーとマイナーの間を生きている"NOISEMAKERこそまさに。とずっと思っています。最近の曲は毎回その曲とNOISEMAKERの今が重なって等身大の作品、歌詞、思いが伝わってくるような気がします。


5. MY TIME

HIPHOP色の強いマニアックな一曲ですね。サウンドが面白い。オルタナティブ!lowをあげて聴きたい曲ですね。BASSが心地よいです。自然と縦に揺れます。最高!

ONE TIME、自信に溢れ。なんでもできる気がした。

TWO TIME 低い底辺から始める。

THREE TIME 不可能だと俺たちは言う。

FOUR TIME 払うべき代償をしり食いしばった。

FIVE TIME 根拠のある自信がゴールを目にする。

そしてMY TIME! 誰も俺たちを止められない!


6. Because

最初の一音聞いた瞬間。ブワ〜っときましたね。優しさがひしひしと伝わってきました。イントロの音の優しさ、温かみに「これは絶対好きなやつだ!」ってなりました。笑

if the plan we had this time,drifted away 「物語は思っているようにはいかない」

why not put the blame on ourselves 「なぜ僕らは自分を責めてしまうのだろう」

Because We're only human 「僕らはみんな人間なんだ」

道を失うし間違えるよ。ってね。

NOISEMAKER.You might make it

We might make it.


7. SILENCE

お酒飲みながらしっぽり聴きたい曲です。気持ちよく酔えそう。目を閉じるとMVが勝手に浮かぶような一曲です。AGさんの綺麗な声が心地よいです。夜のドライブソングもありですねー。時間がゆっくり流れます。

Everything I need watches me flying in the blind 「手に入れたい全てのものが 何も見えぬまま飛ぶ僕を 見守ってる」

今回全部歌詞も見て思いましたが、最後の一文。ここに強いメッセージ,希望がこもっている様な曲が多かったです。

 

 

7曲それぞれレビューしてみました。どうでしたか?共感できる部分ありましたか?

共感できること等あったらぜひコメントやSNS等でも共有して下さい^^

僕個人の勝手なレビューなので何か間違ってるとかあったらすみません。

▼CD購入はこちら

初回限定版(3,300円)

通常盤(2,200円)

 

 

では最後まとめです。 

 

まとめ

以上!H.U.E レビューいたしました!毎回新曲には驚かされます。新しい音を感じつつ馴染みやすいメロディーだしどっしりしたサウンドにキレのある声。吸い込まれます。

「H.U.E」これからもっと聴き込みもっと色々発見していこうと思います!スピーカー、イヤホン、ライブ。聴き方を変えるだけで色々見えてくるモノもありますからね!

 

僕はROARのアルバムからどんどんどんどん好きになってます。

ROAR,RED APHELION,RARA。この流れからのH.U.E。まだこんな色々新しいモノを魅せてくれるか・・!と勝手になっています。楽しいな。変化。進化。刺激的ですよね。今後も楽しみです。

そしてHIDEさんのギターサウンド、リフがドツボなのですよね。リスペクトです。変なシンセの音とかとにかくマニアック。笑

 

曲もアートもMVもジャケットも歌詞カードもグッズも何から何まで全てにユーモアがあり唯一無二のD.I.Yバンドですね。

無事にライブ開催して行けますように・・・!

 

 

 

最後までありがとうございました!

▼WillxWIll(ウィルウィル)というアパレルブランドやっています!

www.willwill.shop

▼各SNSはこちら!フォローよろしくお願いいたします!

音楽、お酒、洋服のことを中心に何でも気楽に発信しています。

Twitter

Instagram

YouTube