WillWill Station

MENU

映画【ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ】感想レビュー。マクドナルド好きや、飲食店、経営等興味ある方におすすめ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:loud-w:20220121011312j:plain

映画【ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ】感想レビュー。飲食店、経営等興味ある方におすすめ!

※多少ネタバレ含みます

最近始めた映画レビュー。

今回は【ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ】

あらすじ

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(ファウンダー ハンバーガーていこくのヒミツ、The Founder)は、2016年のアメリカ合衆国の伝記映画。マクドナルド・コーポレーションの創業者レイ・クロックの半生を描く。監督はジョン・リー・ハンコック。マイケル・キートン、 ローラ・ダーンらが出演。一介のセールスマンだったクロックが、マクドナルド兄弟が営んでいたマクドナルドを世界最大のファーストフードチェーンに成長させ、兄弟の持つ経営権を手中に収めるまでを描いている。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ - Wikipedia

 

僕の言葉での簡単なあらすじだと。

スタートはシェイクの機械を販売しようと営業していたレイがマクドナルドに出会いそのシステム、人気に惚れてフランチャイズ化しよう!と経営者のマクドナルド兄弟に話しを持ちかけるのですが、兄弟は品質がどうとか、色々心配で拒否していたのですが、押しに負けて結局はしっかりと固い契約書を作って契約をします。

レイの予想通りフランチャイズ化はうまく進み、レイの態度もでかくなっていくと。。

そうなっていくとやっぱレイとしてはその契約書が足枷になるわけですね。

そこでその契約書を破棄するために動き、兄弟とも揉めていき...って感じですね。

 

印象に残ったシーン、セリフ

レイが惚れた理由として、マクドナルドのシステムももちろんのこと。もう一つ重要なのがある。と。

「それは名前だ。」「マクドナルド。」「輝かしい名前、アメリカらしい名前だよ。」

このシーンはなんか腑に落ちました。

映画の発音的に言うと「マクダァナーズ」想像できますよね。笑

 

後は何度も"執念"という言葉もよく出てきていてそれが成功の秘訣と。レイが言っていたのも印象に残りました。確かに。なるほどな。と。。

 

個人的には創業当時のマクドナルドのデザインとかがたくさん見れてよかったです。

"ゴールデンアーチ"

オマージュしたくなりました。

多分近日WillxWillの方で何か出すと思います。笑

f:id:loud-w:20220121035555j:plain

まとめ、感想

僕はマクドナルドが大好きなので明るい気持ちでワクワクしながら見ていたのですが、こういう内容だったとは。。となりました。笑

マクドナルド兄弟がかわいそすぎる。。とも思いつつ、経営とか会社大きくしたりとかレイもすごいなぁとか。

自分も今後お店やるとしたら。。とか色々考えて見ることができてよかったです。

自分だったらそこまで非情にはなれないので出来ないと思いますが。笑

ただうまく行ったりしてたらレイみたいに思い上がったりしちゃっていくんでしょうね。

こういうのって大体正直者の方がうまくいくってパターンが多いイメージですが、レイがうまくいっちゃうのもリアルで面白かったです。

 

シンプルにマクドナルドが好きな方!飲食店や経営等に興味ある方におすすめです。

個人的にはあまりハッピーエンドー!って感じではなかったですがタメになって後引いて考え込める感じでした!

ぜひ興味ある方は見てみてください!

Amazon prime videoにて無料配信されています!